みなさんこんにちは!講師の西岡です。
236-1

前回の記事はこちらからご覧頂けます

出演者の方の中には初めて楽器を触る方や新しい楽器に挑戦された方もいらっしゃ
いました。
コンピュータがあれば音楽ができるDTMですがやはり楽器を演奏することは音楽
を作る上でとても大事です。
ただ音を出すだけでなく、綺麗な音、力強い音、切ない音、音にもいろいろな表
情がありますよね。
こうした表現は歌ったり楽器を弾くことでしか得られないものです。楽器を弾く
ことで音楽に表情を与えることを知ると、DTMでの表現にも深みが出るに違いありません。
236-2

またオリジナル曲を披露されたグループも素晴らしかったですね。
知らない人が多いからとコピーやカバー曲が多いのも例年の特徴ですが、
コピー曲であっても自分たちなりの表現やパフォーマンスを取り入れることで、
オリジナリティを加えられます。
衣装やあっと驚く仕掛けなど原曲にない見せ方でグンと盛り上がりますね。
236-3

一方オリジナル曲では、人が知らない曲だからこそメロディや歌詞をキャッチーにしたり、
歌やフレーズを聴かせるためにアレンジと演奏を工夫することが求められます。
バンドだと実際にメンバーとやりとりしながら、自分では思いつかなかったアイデアがでてきたり、ライブで効果的に聞かせるための演出がそのままアレンジのキモになったりと、曲のクオリティを上げることができる貴重な経験となるでしょう。
是非来年のDee Live Fes にむけてオリジナル曲を作りませんか!

来年もたくさんのみなさんと一緒に音楽を作るひと時を過ごしたいと思います!
是非ご参加ください!

The following two tabs change content below.
西岡 健
キーボーディスト、ドラマーとしての活動と平行して、コンポーザー・アレンジャーとしても活動、様々なアーティストに楽曲提供。カラオケデータ制作、楽曲アレンジ、レコーディング、演奏サポートを数多く手掛ける。