こんにちは!講師の谷本です。
谷本真一

最近はボーカルのレコーディングをする仕事が多いのですが、レコーディングそのものもそれなりに時間がかかり大変ではあるのですがそれよりも大変なのがピッチ補正です。
ピッチ補正は世に出ている曲のほぼすべてのボーカルへ施されるといってもおかしくないほど必要不可欠な編集なのです。
しかし、歌い手さんが頑張って歌ってくれたテイクをよりクオリティの高いものへ編集しようすると結構時間がかかります。

私が普段良く使用しているピッチ補正のソフトは「Melodyne」です。
他にも「Autotune」「Waves Tune」などのピッチ補正ソフトも使ってみた事はあるのですが、今は「Melodyne」に落ち着いています。

歌を巧いと感じる要素として音程、音量、タイミング、音の長さが大事なのです。
まあ、一番使用歴が長いので操作に慣れているという事も大きいですが、それらを一画面で編集できる「Melodyne」が私にとってとても効率よく作業できるというのが一番の理由です。
近年高性能なソフトが次々登場していますが、使いこなせないとその実力を発揮できないので、やはり使い慣れたものが一番ということでしょうか。
みなさんもこれは制作では外せないというほどのソフトを見つけてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
谷本真一
フリー制作者、エンジニアとして活動。CM音楽やアーティストへの楽曲提供やアレンジ制作、レコーディングエンジニア、コンピュータミュージックスクールでの講師などと平行してバンドサポートメンバーとしてベースを担当している。