大阪堀江の DTM教室 Deeの1年制の音楽制作コースです。1年で音楽のプロとして必要な知識とテクニックを学びます。夜間や週末のみといったスケジュールで社会人の方や、ダブルスクールでの受講が可能です。

科目詳細

相談説明会予約
お問い合わせ

カリキュラム

科目詳細

カリキュラム

科目詳細

作曲・アレンジ

プロの音楽制作現場で役立つ、実践的な作曲・編曲テクニックを習得するためのカリキュラムです。
オリジナルのメロディーを生み出し、それをさまざまなリズムと楽器編成でアレンジするテクニックを身に付けます。

作曲演習1

メロディ―を生み出すための音楽理論とテクニックを習得するための演習です。作曲を行うための音楽理論( コード理論) とメロディーの作り方について学びます。
また、作曲する際に必要となる楽曲分析の考え方について学び、楽曲分析の課題を通してヒット曲の楽曲構成が理解できます。

前期スケジュール コマ数:5

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 2  2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 楽曲分析
楽曲分析の取り組み方とCubaseを使った楽曲分析の方法について

第2回 メロディーの分析
メロディーの構成とノンコードトーンの分析について

第3回 モチーフの制作
2小節のモチーフ作りについて

第4回 スリーコードと終止形
終止形(カデンツ)とそれに伴うコード進行について

第5回 8小節のメロディー作り
2小節のモチーフから8小節のメロディーを作る方法について

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

メロディー作りと基本的なコードの活用を学びます。

評価方法

授業ごとの課題の評価。メロディー制作では数→クオリティの順に評価するので、まずたくさん作ることを心掛けてほしい。

講師からのコメント

宮武 直人

宮武 直人 先生

理論については覚えることが多いので、しっかりと予習復習が必要です。
分析については、授業内で取り上げられる楽曲には限りがあるので、自分が作りたいと思う曲については徹底的に分析する癖をつけるようにしましょう。

作曲演習2

応用的なコードを活用ながらメロディー制作し、パートの展開を含めた楽曲の土台作りを行えるようにする

前期スケジュール コマ数:6

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 1  2  2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 楽曲の展開
8小節のメロディーを元に異なるパートの制作

第2回 代理コード
代理コードの基本的な用い方

第3回 ツーファイブとセカンダリードミナント
コードアレンジの基本となるツーファイブとセカンダリードミナントについて

第4回 サブドミナントマイナー
サブドミナントマイナーと同主調の活用

第5回 応用的なコードの活用
様々な応用コードについて

第6回 中間発表課題の確認
中間発表課題の確認とアドバイス

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

応用的なコードを使いつつ、ワンコーラスのメロディー作りができるようになります。

評価方法

授業ごとの課題(メロディー制作)と
中間発表課題(ワンコーラスの楽曲+ラフアレンジ)

講師からのコメント

宮武 直人

宮武 直人 先生

メロディーは、まずは数を作ることを心がけてください。「いいメロディー」を作ろうとし過ぎないことが大事です。
ハーモニーについては、様々な響きを実際に音で確認することが重要です。様々な楽譜を演奏したり、データに入力して多くの曲のハーモニーの流れを具体的に知ることが必要です。

コードアレンジ演習1

メロディに合ったコード選び、場面に応じたコードアレンジをするにあたって必要なキーやスケール、コードに関する基礎知識を身につける為の講義です。

前期スケジュール コマ数:2

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 1  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 キーやスケールの基礎知識・基本的なコードの構成音について
1.キーとダイアトニックスケール
2.ダイアトニックコードとコードの構成音
3.主要3和音を使ったコード付け
4.代理コード

第2回 変化をつくるコードの基礎知識・コード進行の分析方法
1.sus4やディミニッシュ
2.add9・セカンダリードミナント・オンコード
3.それぞれのコードの使用例
4.コード進行の分析

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

キーやスケール、コードに関する基礎知識を身につけることを目標とします。

評価方法

課題の提出の有無と提出された課題の内容から相対的に採点します。
(100点満点)

講師からのコメント

井尻 希樹 先生

メロディに対して違和感のないコード進行を数パターン作る事ができるようになること。

アレンジ演習

各回につきひとつのジャンルに焦点を当てて、その特徴や楽器の役割について分析ならびに解説し、毎回授業内容に沿った制作課題に各自取り組んでもらいます。また、授業全体を通じた課題として、実際にこちらが提示したメロディを元にアレンジ制作をしてもらいます。

前期スケジュール コマ数:6

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 1  2  2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 ロックアレンジ
1.ロックらしいコードアレンジ
2.基本の8ビートとベースのルート弾き
3.ギターのアレンジ

第2回 ファンクアレンジ
1.7thの響きを活かしたコードアレンジ
2.16ビートと16分感のあるベースアレンジ
3.ギターなどコード楽器のアレンジ

第3回 テクノトランスアレンジ
1.4つ打ちのリズムアレンジ
2.シンセを使ったアレンジパターン
3.オーディオ素材を使った仕掛け作り

第4回 R&Bアレンジ
1.テンションコードを使ったコードアレンジ
2.パーカッションとドラムの組み合わせアレンジ
3.ファンクの要素を取り入れた楽器のアレンジ

第5回 バラードアレンジ
1.セカンダリードミナントやオンコードを使ったコードアレンジ
2.生演奏らしいニュアンスを活かした楽器のアレンジ
3.ストリングスアレンジ

第6回 アレンジの仕事について・アレンジ課題の添削と実習
1.アレンジの仕事について
2.アレンジ課題の添削
3.実習(アレンジ課題の仕上げ)

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

ジャンル別アレンジの特徴を理解し、その中で中心的な役割を担う楽器のアレンジを理解すること。

評価方法

課題提出の有無と提出された課題の内容から相対的に採点します。
(100点満点)

講師からのコメント

井尻 希樹 先生

リズムやコードのジャンルによる違いを学びながら、土台作りのテクニックを身につけます。

コードアレンジ演習2

テンションコードの基礎知識を学びながら、既存曲のリハーモナイズに取り組む。また、ボサノバ、ジャズのリズムを含めたアレンジを学ぶ。

後期スケジュール コマ数:4

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 テンションコードの基礎理論
1.前期の復習
2.テンションコードの基礎理論
3.小テスト

第2回 テンションコードの基礎理論2
1.テンションコードを使った楽曲アレンジ例
2.テンションコードを使ったアレンジ実習

第3回 ボサノバアレンジ
1.ボサノバの基本形
2.ドラムとベースのアレンジ
3.ギターのアレンジ

第4回 ジャズアレンジ
1.ピアノソロのジャズアレンジ
2.ドラムとベースのアレンジ
3.ピアノ、ギターのアレンジ

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

より柔軟なコードアレンジ能力を養い、テンションコードも抵抗なく楽曲に取り入れられるようになること。

評価方法

毎回の課題の内容から相対的に採点します。

講師からのコメント

井尻 希樹 先生

より柔軟なコードアレンジ能力を養い、テンションコードも抵抗なく楽曲に取り入れられるようになることが目標です。

MIDIプログラミング

MIDIプログラミング演習1

ノートデータの扱い(ベロシティ・デュレーションの編集)による演奏データでの表現を理解し、プログラミングの応用に必要な技術を身につける。

前期スケジュール コマ数:1

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 MIDIデータプログラミング基礎
1.プロジェクト
プロジェクトフォルダの設定、ファイルの管理
2.インストゥルメントとMIDIトラック
VSTインストゥルメント ラックでインストゥルメントの起動
MIDIトラックの作成とインストゥルメントとの接続・MIDIチャンネルの設定
3.データ入力基礎
キーエディタを使ったノートの入力と編集
効率的な編集操作、ショートカットの活用

使用テキスト

プロの曲作りが分かる本(マニュアル・オブ・エラーズ)

習得目標

MIDIトラックへの打ち込み操作のための基礎知識と技術を習得する。Cubaseの操作、各種エディタの操作と機能の理解、MIDIデータの入力と編集操作の基礎を身につける。

評価方法

譜面の入力と基礎的な演奏表現の再現、編集を課題とし、課題の成果と授業態度、授業内での実践的作業での成果を評価する。

講師からのコメント

西岡 健 先生

MIDIトラックへの打ち込み操作のための基礎知識と技術を習得する。Cubaseの各種エディタの操作と機能の理解、MIDIデータの入力と編集操作の基礎を身につけます。

MIDIプログラミング演習2

各楽器の構造的な特徴や楽器アレンジにおいての音楽的な表現法を理解し、実践的なトラックメイキング技術を身につける。 またこれらの技術を応用的に使って実践的にアレンジに役立てる。

前期スケジュール コマ数:6

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 1  2  2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 ドラム・パーカッション
リズムセクションのアレンジ
1.ドラムの表現
ベロシティとタイミングによるノリ
ベロシティの変化による表現
タイミングの違いによるノリの変化
2.ドラム奏法
基本ストローク シングル・ダブル・パラディドル
フラム・ラフ・ロール・ゴーストノート
基本8ビート・16ビートパターン

第2回 コードベーシック ベース
ベース演奏表現とアレンジ
1.ベース演奏法
ピッキングとノート表現
ノートデュレーションによる演奏表現
音符と音価
休符の再現
2.ベースアレンジ
いろいろなベースラインを参考曲

第3回 コードベーシック ギター
ギターアレンジ
1.ギター奏法(コード弾き)
アルペジオ
コードストローク
2.ギター奏法の再現
アルペジオ・コードストローク制作方法実践
3.ギターコード弾きのパターンバリエーション
コードストロークバリエーション
ブリッジミュートなどの音色の変化

第4回 コード楽器アレンジ
コード楽器アレンジ
1.ギターコード弾きのパターンバリエーション
発音中の音色変化
2.コード楽器アレンジ
リズム・ベース
コード楽器の音域的バリエーション
コード楽器のフレーズと音色の考察

第5回 管弦楽器アレンジ
管弦楽器アレンジ
1.発音中の変化
音量変化:エクスプレッション
音色変化:ブライトネス
音高変化:ピッチベンド
2.弦楽器の発音・奏法
エクスプレッションによる抑揚表現
ノートデータ表現
3.管楽器の発音・奏法
エクスプレッションとブライトネスの併用
ブレスコントローラーによる吹奏表現

第6回 リード表現
リード楽器表現
1.ギター・サックスソロ
ハンマリング・プリング・スライド・チョーキング
ベンド・エクスプレッション
各種奏法の再現
演奏を読み取り表現の再現
2.演奏の視覚化
Cubaseキーエディタでの奏法再現

使用テキスト

プロの曲作りが分かる本(マニュアル・オブ・エラーズ)
アレンジャーが教える 編曲テクニック99(マニュアル・オブ・エラーズ)

習得目標

MIDIデータ打ち込みによる演奏データ表現とアレンジ。楽器ごとのアレンジと演奏データ表現を学ぶ。Cubaseでのデータプログラミング技術を磨き、音楽的な演奏作りと、アレンジを実践的に構築する。

評価方法

楽器ごとの奏法の再現、具体的なアレンジ構築を課題とし、各課題の成果と授業態度、授業内での実践的作業での成果を評価する。

講師からのコメント

西岡 健 先生

MIDIデータ打ち込みによる演奏データ表現とアレンジ。楽器ごとのアレンジと演奏データ表現を学ぶ。Cubaseでのデータプログラミング技術を磨き、音楽的な演奏作りと、アレンジを実践的に構築する。

オーケストラ制作演習

Halion Symphonic Orchestraを使用したオーケストラの打ち込みと、オーケストラアレンジについて学びます。

後期スケジュール コマ数:4

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 Halion Symphonic Orchestraの活用法
Halion Symphonic Orchestraの活用上の注意点とオーケストラ曲の打ち込みテクニック

第2回 旋律のオーケストラアレンジ
メロディーのオーケストラアレンジと表情付け

第3回 伴奏のオーケストラアレンジ
伴奏パートのオーケストラアレンジと楽器の活用

第4回 ボイシングとアレンジの展開
厚みを出すオーケストラアレンジとしてのボイシングのテクニックについて

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

基本的なオーケストラアレンジを知り、Halion Sympnohic Orchestraで実践できるようになります。

評価方法

出席数と制作課題の内容から相対的に採点します。

講師からのコメント

宮武 直人

宮武 直人 先生

オーケストラアレンジでは各楽器の個性や特徴を知ることが重要です。
オーケストラの演奏を出来れば生で、そうでなくても映像で何度も見るようにしてほしいです。

レコーディング・ミキシング

ミキシング演習1

後期での本格的なミキシングの授業に対応するために必要とされるミキサーの使い方やミキシングの基本概念を学び、さらに中間発表の課題曲の制作においても最低限のミキシングが出来るようにエフェクトの基本知識や活用方法も解説していく。

前期スケジュール コマ数:4

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 2  2

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 ミキシング概要
ミキシングの役割や目的を解説し、基本的なミキシング手順を学ぶ。またCubase搭載のミキサーの概念と活用方法も併せて学ぶ。

第2回 プラグインエフェクト1(ダイナミクス系プラグインエフェクト)
ダイナミクス系プラグインエフェクト(EQ、コンプレッサー等)の使用方法を学ぶ。

第3回 プラグインエフェクト2(ダイナミクス系プラグインエフェクト)
ダイナミクス系プラグインエフェクト(EQ、コンプレッサー等)を実践的な活用方法を実演しながら学ぶ。

第4回 プラグインエフェクト3(空間系エフェクト)
空間系プラグインエフェクト(リバーブ、ディレイ等)を学ぶびつつ、マスターエフェクトでの曲のまとめ方も。

使用テキスト

新・エフェクターの全知識(リットーミュージック)

習得目標

本格的なミキシングに必要なミキサーの知識やエフェクトの基本的な使用方法への理解を深める。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

本格的なミキシングをするために必要なミキサーの知識やエフェクトの基本的な使用方法への理解を深めます。

ミキシング演習2

テキストの教材素材を使用したミキシングを通じてより実践的なミキシングを学んでいく。さらに既成曲と同様のクオリティを得るためにマスタリングを実践していく。

後期スケジュール コマ数:4

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 ミキシング実践1
前期で学んだ内容を活かしてミキシングの準備作業、ミキサー機能を使用した基本的なミキシングを進めていく。

第2回 ミキシング実践2
テキストを参考に各音色への適切なエフェクト処理を施していく。

第3回 ミキシング総合
テキストを参考にリバーブなど空間系エフェクトの設定や、オートメーションの活用を通してミキシングを完成させる。

第4回 マスタリング
曲を完成させるためのマスタリング方法を学ぶ。

使用テキスト

DTMミキシングの基礎技術を解説付きで実演しちゃいました(リットーミュージック)

習得目標

本格的なミキシングに必要とされる技術の習得と曲を仕上げるための最終工程であるマスタリングの方法を学ぶ。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

どんなに良い曲・アレンジを制作したとしても、ミキシングの出来次第で曲の印象がかなり変わってしまう、とても重要な作業です。曲の良さを引き立たせる為に最後に曲を化粧する様な感じに捉えてもらうと良いと思います。

ミキシング演習3

卒業制作曲のクオリティをよりプロレベルへ近づけるため、各自の卒業制作曲を使用して講師がミキシングの実演をおこなう。

後期スケジュール コマ数:2

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 卒業制作演習1
卒業制作曲のミキシングを実演しながら確認・修正する。

第2回 卒業制作演習2
卒業制作曲のミキシングとマスタリングを実演しながら確認・修正する。

使用テキスト

なし

習得目標

卒業制作で制作した曲のミキシング・マスタリングのクオリティアップを目指す。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

卒業制作で制作した曲のミキシング・マスタリングの確認と修正。一年間の復習も踏まえて取り組んで下さい。

レコーディング演習

オーディオトラックとバスの理解、録音作業の実践を通して準備や編集など録音プロダクションの流れを理解し、ボーカルや楽器のレコーディング技術を実践的に身につける。また基礎的な編集技術を身につける。

前期スケジュール コマ数:3

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 レコーディング基礎 
レコーディングの基礎知識と準備
1.録音環境・機材の基礎知識
2.レコーディングの準備とモニター

第2回 レコーディング実践
レコーディング現場での作業
1.録音作業実践
2.モニタールーティングとミキシング
3.レコーディングディレクション

第3回 オーディオ編集基礎
編集操作と録音プロダクションの仕上げ
1.ボーカルテイクコンピング
2.ピッチ・タイミング修正
3.オーディオの書き出しとミキシング

使用テキスト

レコーディング・ミキシングの全知識(リットーミュージック)
プロの曲作りが分かる本(マニュアル・オブ・エラーズ)

習得目標

オーディオレコーディングの基礎と、レコーディング作業の実践、テイクや編集操作と実践的なレコーディング プリ・ポストプロダクションの知識、技術を身につける。

評価方法

録音用素材の準備、編集作業による録音成果物の作成を課題とし、課題制作への取り組みと授業態度を評価する。

講師からのコメント

西岡 健 先生

オーディオレコーディングの基礎と、レコーディング作業の実践、テイクや編集操作と実践的なレコーディング、プリ・ポストプロダクションの知識、技術を身につけます。

クラブミュージック

オーディオ編集演習

Cubase上での波形の切り貼りから音量やタイミング、ピッチの修正でのレコーディング素材の修正など基本的用途だけではなく、ダンスミュージック等の曲をアレンジするための手段としての活用方法も学ぶ。

後期スケジュール コマ数:2

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 オーディオ編集1
基本的なCubase上での波形編集方法と伝統的な波形編集の手段である音量、ピッチシフト、タイムストレッチ等のオーディオ編集方法を学ぶ。

第2回 オーディオ編集2
Cubaseの機能特有のオーディオ編集機能を活用した編集方法を学ぶ。

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

アレンジやミキシングなどの場面において波形編集を適材適所で活用できる技術を身に付ける。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

オーディオ編集を始めてする方もいると思いますが、コツを掴むと意外と簡単ですので身構えずに取り組んでもらうと良いと思います。また、こういった技術は実際に何度もやってみないと身につかないので、失敗しながら体で覚えていくようにして下さい。

ダンスミュージック制作演習

ダンスミュージック(EDM)制作に必要とされるツール(サンプラ-、ステップシーケンス等)の使用方法を学び、それらを活用しながらダンスミュージック(EDM)の制作方法を解説していく。

後期スケジュール コマ数:4

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 ダンスミュージック曲(EDM)概要解説
代表的なダンスミュージック曲(EDM)を聴き、楽曲を分析する事で実際の制作作業するための理解を深める。

第2回 ダンスミュージックアレンジ①
音作りやアレンジに活用できるVST・MIDIプラグインエフェクトを学びながら、ダンスミュージック曲で使用されている代表的なアレンジ方法を学ぶ。

第3回 ダンスミュージックアレンジ②
ダンスミュージック曲のアレンジ方法を活用して制作を実践していく。

第4回 ダンスミュージック制作実習
卒業制作曲の確認、修正をおこなう。

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

ダンスミュージックの制作をこなしつつ、POPSなど幅広いジャンルのアレンジの制作にも応用できる様に理解を深める。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価、卒業制作曲の評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

現在のミュージックシーンではダンスミュージックのアレンジ的手法を取り入れた曲が多いので、純粋にダンスミュージックを制作する為だけではなく、そういった応用が利くことを頭に入れて取り組んで下さい。

音楽制作

POPS制作演習

前期で学んだ土台のアレンジに加えてリズム、ブラス、ストリングス、シンセなど、より実践的なアレンジ方法を講義形式で進めていきます。また、授業全体を通じての課題として歌モノのオリジナル曲を制作してもらいます。

後期スケジュール コマ数:6

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 ドラムの実践的な打ち込み方法
1.ベロシティによる強弱の表現
2.フィルやシンバルによる変化
3.ゴーストノートを取り入れたアレンジ

第2回 ループなどのオーディオ素材を活用したリズム作り
1.ワンショット素材でのリズムアレンジ
2.ループ素材の活用方法
3.オーディオ・打ち込みそれぞれのよさを活かしたリズムアレンジ

第3回 ブラス・ストリングスのアレンジ
1.ブラスアレンジの譜面の分析
2.木管楽器と金管楽器の役割分担
3.メロディを意識したストリングスアレンジ

第4回 シンセのアレンジ
1.シンセの基本構造
2.パターン別アレンジと音作り

第5回 ボーカルのエディットとハモリ作り
1.ピッチとリズムの修正
2.ボリュームのオートメーション
3.コンプやEQでの音作り
4.ピッチ修正を活用したハモリ作り

第6回 課題の添削ならびに修正、仕上げ(実習)
1.課題の添削
2.実習(課題の修正・仕上げ)

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

歌モノの楽曲アレンジに役立つより実践的なテクニックを身につける。

評価方法

出席数と制作課題の内容から相対的に採点します。

講師からのコメント

井尻 希樹 先生

ドラムの実践的なアレンジと打ち込み(フィルやゴーストノートを使ったより実践的な制作実習)から、シンセのアレンジ、ボーカルのエディットとハモ作りなど課題の添削ならびに修正、仕上げを実習形式で進めます

ゲーム音楽制作演習

ゲームをイメージした設定、シナリオに合わせたBGM、効果音の作成

後期スケジュール コマ数:6

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 ゲームなどでの舞台設定、シナリオなどに合わせた曲作りの考え方について

第2回 映像へのBGMと効果音

第3回 キャラクターへのBGM

第4回 シナリオへのBGM

第5回 BGMのアレンジの活用

第6回 作品の確認

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

ストーリー、設定に合わせたBGMの作成

評価方法

授業内課題(テーマ別オリジナル曲3曲)。期限内提出→テーマに沿った楽曲作りができているか→楽曲のクオリティの順に評価

講師からのコメント

宮武 直人

宮武 直人 先生

ゲームに限らず、インスト系の音楽では、楽器や音色に対しての興味、知識が重要になってきます。音色に対してのイメージを広く持ち、楽器の知識を広めておくとよいでしょう。ゲームなどのBGMの制作の仕事では、クライアントの求めるイメージに合わせて曲を作る必要があります。映画、ドラマ、CMなどのBGMがどういうイメージで作られていて、それに対してどういう楽曲が使われているのか。様々なジャンルのものを多く見聞きすることが大事です。

その他

音楽制作基礎講座

機材とセッティング、MIDIの仕組み、GMとSMFなど、音楽制作の基礎となる項目について解説します。
MIDIプログラミング演習、ミキシング演習など、今後の授業を理解し楽曲制作のテクニックを修得するために必須の内容です。

前期スケジュール コマ数:5

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 2  2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 音楽制作の基礎知識
1.音楽制作プロセス
2.音楽制作ツールとセッティング
3.接続端子とケーブル

第2回 MIDIの仕組み(1)
1.MIDIの基礎知識
2.MIDIデータの基本構成
3.チャンネルボイスメッセージの概要
4.Cubaseのロケーションとゲートタイムの表記

第3回 MIDIの仕組み(2)
1.ノートメッセージ
2.プログラムチェンジ
3.ピッチベンドチェンジ
4.アフタータッチ

第4回 MIDIの仕組み(2)
1.コントロールチェンジ

第5回 MIDIの応用
1.GMとSMF
2.セットアップデータ
3.MIDIデータによる演奏表現

課外 楽器について学習する課題
主要な楽器の種類や構造、音色などについて、Youtube動画を視聴することで学ぶ課題です。
ピアノ・キーボード系、鍵盤打楽器系、オルガン系、ギター系、ベース系、ドラム・パーカッション系、オーケストラ系(弦楽器)、ブラス系、リード系木管楽器、パイプ系木管楽器、民族楽器系の約100種類の楽器について学びます。

使用テキスト

ミュージッククリエイターハンドブック(音楽電子事業協会)
講義内容のポイントをまとめたレジメを配布します。

習得目標

MIDI検定試験3級試験の合格程度のMIDIに関する理解と、MIDI検定2級2次試験合格程度の楽譜入力技術の習得を目指します。

評価方法

筆記試験、MIDI検定2級2次試験練習問題を入力したSMF

講師からのコメント

米谷知己

米谷 知己 先生

この講座では、楽器の演奏情報を数値化するための仕組みであるMIDIについて学びます。MIDIを使って楽器の演奏を数値化する仕組みを知ることが、「かっこいい演奏」「ノリのいい演奏」といった主観的な音楽表現を客観的に分析し再現するための第一歩となります。初めての方にはやや難しい内容ですが、用語なども含めてしっかり習得するようにしてください。

音響学基礎講座

音の物理的な構造や知覚、デジタル化の仕組み、ミキサーやアナログシンセサイザーの構造や操作方法など、音楽制作において必要となる知識を習得します。
ミキシング演習やダンスミュージック制作演習など、今後の授業を理解・習得するために必須の内容です。

前期スケジュール コマ数:6

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2 4

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 音の仕組み
1.音の3要素と波の3要素
2.音(波)の進み方と音響特性

第2回 音の知覚
1.音色と音圧レベルについて
2.音の知覚

第3回 デジタルオーディオとエフェクト
1.デジタルオーディオ
2.代表的なエフェクター

第4回 ミキサーの仕組みと操作
1.ミキサーの構成と仕組み
2.ミキサーの操作

第5回 アナログシンセサイザー(1)
1.アナログシンセの音源構成
2.各モジュールのパラメーター

第6回 アナログシンセサイザー(2)
1.音作りのポイント

使用テキスト

ミュージッククリエイターハンドブック(音楽電子事業協会)
講義内容のポイントをまとめたレジメを配布します。

習得目標

今後の音楽制作において必須となる知識なので、実際に役に立つレベルまで理解を深めることを目標とします。

評価方法

筆記試験

講師からのコメント

米谷知己

米谷 知己 先生

この講座では、音楽を表現するため音の仕組みを理解し、音を自由に加工するための基礎的な知識を習得します。音のピッチや音量を表すための周波数(Hz)、音圧レベル(dB)、音をデジタル化する際に設定するサンプリング周波数や量子化ビット数など、他の講座を受講すするために必要な用語や概念を学びます。初めての方には難しい内容ですが、音楽制作には必須の内容ですので、繰り返し復習して習得するよう努力してください。

セルフプロデュース講座

卒業後の進路、それに向けた情報収集と自分の売り込み方について。

後期スケジュール コマ数:4

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  1  1  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 アルバム制作の準備と卒業後の進路について

第2回 ネットを活用したプロモーションの準備

第3回 プロモーション活動の経過報告と展開目標作り

第4回 アルバム制作の仕上げへ向けたアドバイス

使用テキスト

ミュージシャンがしっておくべきマネジメントの実務(リットーミュージック)

習得目標

仕事を得るための行動を知り、実際にできることから始めてみる。応募用デモ音源の制作。

評価方法

デモ音源としてのアルバムを卒業制作として提出

講師からのコメント

宮武 直人

宮武 直人 先生

アルバム制作の準備とネットを活用したプロモーションの準備からその後の展開と様々な応募活動についての経過報告などや、アルバム制作にむけたアドバイスを行います。

PAGETOP