大阪堀江の DTM教室 Deeの1年制の音楽制作コースです。1年で音楽のプロとして必要な知識とテクニックを学びます。夜間や週末のみといったスケジュールで社会人の方や、ダブルスクールでの受講が可能です。

科目詳細

相談説明会予約
お問い合わせ

カリキュラム

科目詳細

カリキュラム

科目詳細

作曲・アレンジ

プロの音楽制作現場で役立つ、実践的な作曲・編曲テクニックを習得するためのカリキュラムです。
オリジナルのメロディーを生み出し、それをさまざまなリズムと楽器編成でアレンジするテクニックを身に付けます。

作曲演習1

メロディー作りと基本的なコード進行を学んでいきます。楽曲の分析と、作曲の実践が主な内容です。
楽器演奏や打ち込み入力を行い、なるべく耳・体で習得できるようにします。

前期スケジュール コマ数:5

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 2  2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 リズム
拍子の表裏、音価の使い分け の実践

第2回 終止感
2音や3音だけのメロディ作りとスリーコードによるコード当て、メロディ分析の手法

第3回 非和声音
非和声音の理解と、その使いこなし。7音でのメロディ作り

第4回 7音でのメロディ作り(8小節)
1~3回の総括、モチーフとレスポンス

第5回 ワンコーラスのメロディ作り
メロディの発展のさせ方、展開の作り方

使用テキスト

・作曲エクササイズ40 メロディ構築+コード付けの技術&センスを実践形式でマスター[リットーミュージック]
・オリジナルテキスト

習得目標

ワンコーラス分の作曲 

評価方法

授業ごとの課題の評価。

講師からのコメント

竹田 佑介 先生

メロディー作りに正解はありませんが、経験と共に感覚は養われていきます。分析はその経験を濃くし、感覚を育てる為の前準備だと考えて下さい。沢山数をこなして経験を増やしていきましょう。

作曲演習2

応用的なコードを活用しながら作曲を習得していきます。
理論の学習と楽曲の分析、その実践が主な内容です。

前期スケジュール コマ数:6

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 1  2  2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 ダイアトニックコードの機能、代理コード
コードの機能、その使い分け

第2回 マイナーダイアトニック
平行調、ハーモニックマイナー、メロディックマイナーを使った作曲

第3回 セカンダリードミナント
セカンダリードミナントを使った作曲、そのツーファイブ化

第4回 サブドミナントマイナー・同主調転調
サブドミナントマイナー・同主調転調を使った作曲

第5回 dimコード・裏コード
dimコード・裏コードを使った作曲、セカンダリドミナントへの応用

第6回 ブルーススケール・その他のスケール
ブルーススケール・その他のスケールを活用した作曲

使用テキスト

・聴くだけ作曲入門 ~藤巻メソッド~[ヤマハミュージックメディア]
・オリジナルテキスト

習得目標

応用的なコードを使った、メロディ・コード進行制作手法の習得(ワンコーラス分)

評価方法

授業ごとの課題

講師からのコメント

竹田 佑介 先生

演習1と比べると理論的な内容が増え、覚える事が多くなりますが感覚を養う為である事には変わりありません。和音の習得についてはその音を気軽に鳴らせる環境が必要ですので各自工夫してみて下さい。

コードアレンジ演習1

メロディに合ったコード選び、場面に応じたコードアレンジをするにあたって必要なキーやスケール、コードに関する基礎知識を身につける為の講義です。

前期スケジュール コマ数:2

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 1  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 キーやスケールの基礎知識・基本的なコードの構成音について
1.キーとダイアトニックスケール
2.ダイアトニックコードとコードの構成音
3.主要3和音を使ったコード付け
4.代理コード

第2回 変化をつくるコードの基礎知識・コード進行の分析方法
1.sus4やディミニッシュ
2.add9・セカンダリードミナント・オンコード
3.それぞれのコードの使用例
4.コード進行の分析

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

キーやスケール、コードに関する基礎知識を身につけることを目標とします。

評価方法

課題の提出の有無と提出された課題の内容から相対的に採点します。
(100点満点)

講師からのコメント

井尻 希樹 先生

メロディに対して違和感のないコード進行を数パターン作る事ができるようになること。

アレンジ演習

各回につきひとつのジャンルに焦点を当てて、その特徴や楽器の役割について分析ならびに解説し、毎回授業内容に沿った制作課題に各自取り組んでもらいます。また、授業全体を通じた課題として、実際にこちらが提示したメロディを元にアレンジ制作をしてもらいます。

前期スケジュール コマ数:6

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2 2  2  2

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 アレンジ基礎
1.ドラムの基本パターン
2.ベースの基本パターン
3.ピアノ、ギターの基本パターン

第2回 ロックアレンジ
1.ロックらしいコードアレンジ
2.基本の8ビートとベースのルート弾き
3.ギターのアレンジ

第3回 ファンクアレンジ
1.7thの響きを活かしたコードアレンジ
2.16ビートと16分感のあるベースアレンジ
3.ギターなどコード楽器のアレンジ

第4回 テクノトランスアレンジ
1.4つ打ちのリズムアレンジ
2.シンセを使ったアレンジパターン
3.オーディオ素材を使った仕掛け作り

第5回 R&Bアレンジ
1.テンションコードを使ったコードアレンジ
2.パーカッションとドラムの組み合わせアレンジ
3.ファンクの要素を取り入れた楽器のアレンジ

第6回 バラードアレンジ
1.セカンダリードミナントやオンコードを使ったコードアレンジ
2.生演奏らしいニュアンスを活かした楽器のアレンジ
3.ストリングスアレンジ

第7回 オーケストラアレンジ1
1.弦楽器、木管楽器、金管楽器それぞれの特徴について
2.ピアノ譜を元にしたアレンジ
3.小編成の室内楽アレンジ

第8回 オーケストラアレンジ2
1.室内オーケストラのアレンジ
2.打楽器の特徴について
3.パートごとの役割分担について

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

ジャンル別アレンジの特徴を理解し、その中で中心的な役割を担う楽器のアレンジを理解すること。

評価方法

課題提出の有無と提出された課題の内容から相対的に採点します。
(100点満点)

講師からのコメント

井尻 希樹 先生

リズムやコード進行のジャンルによる違いや特徴を学び、それぞれのジャンルで安定した土台作りのテクニックを学びましょう。

コードアレンジ演習2

テンションコードの基礎知識を学びながら、既存曲のリハーモナイズに取り組む。また、ボサノバ、ジャズのリズムを含めたアレンジを学ぶ。

後期スケジュール コマ数:4

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 テンションコードの基礎理論
1.前期の復習
2.テンションコードの基礎理論
3.小テスト

第2回 テンションコードの基礎理論2
1.テンションコードを使った楽曲アレンジ例
2.テンションコードを使ったアレンジ実習

第3回 ボサノバアレンジ
1.ボサノバの基本形
2.ドラムとベースのアレンジ
3.ギターのアレンジ

第4回 ジャズアレンジ
1.ピアノソロのジャズアレンジ
2.ドラムとベースのアレンジ
3.ピアノ、ギターのアレンジ

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

より柔軟なコードアレンジ能力を養い、テンションコードも抵抗なく楽曲に取り入れられるようになること。

評価方法

毎回の課題の内容から相対的に採点します。

講師からのコメント

井尻 希樹 先生

より柔軟なコードアレンジ能力を養い、テンションコードも抵抗なく楽曲に取り入れられるようになることが目標です。

MIDIプログラミング

MIDIプログラミング演習

各楽器の構造的な特徴や楽器アレンジにおいての音楽的な表現法を理解し、実践的なトラックメイキング技術を身につける。 またこれらの技術を応用的に使って実践的にアレンジに役立てる。

前期スケジュール コマ数:8

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 2  2  2  2

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回
(1)テーマ MIDIプログラミング基礎 ピアノ
(2)授業内容
・プログラミング基礎 プロジェクトの操作と準備
・ピアノ演奏表現
・鍵盤楽器演奏分析
(3)習得目標
・ノートデータによる演奏表現の基礎、ベロシティ・デュレーションの理解
(4)課題内容
・配布譜面の入力、表現付け

第2回
(1)テーマ ドラム MIDIデータ表現
(2)授業内容
・ドラム演奏表現基礎
・ドラム奏法の理解
・ドラムパターン分析
(3)習得目標
・ノートデータによる演奏表現の基礎、ベロシティとアクセント、タイミングによるノリの変化の理解
(4)課題内容
・配布譜面の入力
・ドラム演奏分析・再現

第3回
(1)テーマ ベース 楽器表現基礎表現
(2)授業内容
・ベース演奏表現基礎 長さの表現
・ベース奏法分析 デュレーション
・ピッチベンドによる奏法再現
(3)習得目標
・ノートデータによる演奏表現の基礎、ピッチベンドでの奏法再現法を身につける
(4)課題内容
・配布譜面の入力
・ベース演奏分析・再現

第4回
(1)テーマ ギター 楽器奏法応用表現
(2)授業内容
・ギター演奏表現基礎 楽器らしさの再現
・奏法再現のためのコントロール
・ギター演奏分析
(3)習得目標
・楽器らしさの再現法を理解する
(4)課題内容
・配布譜面の入力
・ギター演奏分析・再現

第5回
(1)テーマ リズム楽器 プログラミングアレンジ分析
(2)授業内容
・リズム・コード楽器全般のアレンジ分析
・楽器らしさの再現の工夫
・楽器演奏分析と再現、音色コントロール応用
(3)習得目標
・実際の楽器での演奏を分析し再現する アレンジの構造を理解し構築する力をつける
(4)課題内容
・中間発表課題の取り組み

第6回
(1)テーマ 管弦楽器 オーケストラ楽器表現
(2)授業内容
・管弦楽器の構造と奏法の理解
・発音中の変化
・楽器らしさの再現 応用
(3)習得目標
・MIDIデータを使った発音中の変化を再現し、音源の特性を利用してプログラミングの技術を向上させる
(4)課題内容
・配布譜面の入力
・アレンジと楽器再現

第7回
(1)テーマ リード楽器 応用的演奏表現
(2)授業内容
・ギター、管楽器などのリード表現
・発音中の変化の分析と再現
(3)習得目標
・MIDIデータを応用的につかった、さまざまな演奏表現の理解
(4)課題内容
・配布譜面の入力
・リード演奏分析・再現

第8回
(1)テーマ シンセサイザー 音色変化コントロール
(2)授業内容
・MIDIデータを使った応用的な音色表現
・音作りと応用的なアレンジ
(3)習得目標
・MIDIデータを応用的に使用して思い通りの音作りや音色のリアルタイムコントロールを習得する
(4)課題内容
・演奏と音色分析、再現

Cubaseキーエディタでの奏法再現

使用テキスト

プロの曲作りが分かる本(マニュアル・オブ・エラーズ)
アレンジャーが教える 編曲テクニック99(マニュアル・オブ・エラーズ)

習得目標

MIDIデータ打ち込みによる演奏データ表現とアレンジ。楽器ごとのアレンジと演奏データ表現を学ぶ。Cubaseでのデータプログラミング技術を磨き、音楽的な演奏作りと、アレンジを実践的に構築する。

評価方法

楽器ごとの奏法の再現、具体的なアレンジ構築を課題とし、各課題の成果と授業態度、授業内での実践的作業での成果を評価する。

講師からのコメント

西岡 健 先生

MIDIデータ打ち込みによる演奏データ表現とアレンジ。楽器ごとのアレンジと演奏データ表現を学ぶ。Cubaseでのデータプログラミング技術を磨き、音楽的な演奏作りと、アレンジを実践的に構築する。

レコーディング・ミキシング

ミキシング演習1

後期での本格的なミキシングの授業に対応するために必要とされるミキサーの使い方やミキシングの基本概念を学び、さらに中間発表の課題曲の制作においても最低限のミキシングが出来るようにエフェクトの基本知識や活用方法も解説していく。

前期スケジュール コマ数:4

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 2  2

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 ミキシング概要
ミキシングの役割や目的を解説し、基本的なミキシング手順を学ぶ。またCubase搭載のミキサーの概念と活用方法も併せて学ぶ。

第2回 プラグインエフェクト1
ダイナミクス系プラグインエフェクト(EQ、コンプレッサー等)の使用方法を学ぶ。

第3回 プラグインエフェクト2
ダイナミクス系プラグインエフェクト(EQ、コンプレッサー等)を実践的な活用方法を実演しながら学ぶ。

第4回 プラグインエフェクト3
空間系プラグインエフェクト(リバーブ、ディレイ等)を学び、マスターエフェクトでの簡易マスタリングも学ぶ。

使用テキスト

DAWミックス/マスタリング基礎大全

習得目標

本格的なミキシングに必要なミキサーの知識やエフェクトの基本的な使用方法への理解を深める。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

本格的なミキシングをするために必要なミキサーの知識やエフェクトの基本的な使用方法への理解を深めます。

ミキシング演習2

テキストの教材素材を使用したミキシングを通じてより実践的なミキシングを学んでいく。さらに既成曲と同様のクオリティを得るためにマスタリングを実践していく。

後期スケジュール コマ数:4

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 ミキシング実践1
ミキシング用の素材を使用してミキシングの実演をおこない、前期で学んだ内容を活かしてミキシングの準備作業やミキサー機能を使用した基本的なミキシングを進めていく。

第2回 ミキシング実践2
前回の内容に踏まえてエフェクトを使用したミキシングを実演し、ミキシングを完成させる。

第3回 ミキシング総合
これまでの内容を活かして、新たなミキシング素材を使用したミキシングを実践してく。

第4回 マスタリング
曲を完成させるためのマスタリング方法を学ぶ。

使用テキスト

DAWミックス/マスタリング基礎大全

習得目標

本格的なミキシングに必要とされる技術の習得と曲を仕上げるための最終工程であるマスタリングの方法を学ぶ。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

どんなに良い曲・アレンジを制作したとしても、ミキシングの出来次第で曲の印象がかなり変わってしまう、とても重要な作業です。曲の良さを引き立たせる為に最後に曲を化粧する様な感じに捉えてもらうと良いと思います。

ミキシング演習3

卒業制作曲のクオリティをよりプロレベルへ近づけるため、各自の卒業制作曲を使用して講師がミキシングの実演をおこなう。

後期スケジュール コマ数:2

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 卒業制作演習1
卒業制作曲のミキシングを実演しながら確認・修正する。

第2回 卒業制作演習2
卒業制作曲のミキシングとマスタリングを実演しながら確認・修正する。

使用テキスト

なし

習得目標

卒業制作で制作した曲のミキシング・マスタリングのクオリティアップを目指す。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

卒業制作で制作した曲のミキシング・マスタリングの確認と修正。一年間の復習も踏まえて取り組んで下さい。

レコーディング演習

オーディオトラックとバスの理解、録音作業の実践を通して準備や編集など録音プロダクションの流れを理解し、ボーカルや楽器のレコーディング技術を実践的に身につける。また基礎的な編集技術を身につける。

前期スケジュール コマ数:3

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 2  1

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 レコーディング基礎 
レコーディングに必要な機材環境や作業の流れを学び、適切な録音レベルなどの基本的な知識を身につける。

第2回 レコーディング実践1
レコーディング時のミキサールーティングの構築方法や録音作業の操作方法を学び、レコーディングを実践していく。

第3回 レコーディング実践2
コンピングでのテイク選びやピッチ補正タイミング修正などのレコーディング後の編集作業を学ぶ。

使用テキスト

習得目標

レコーディング全般の作業を実践して、クオリティの高いレコーディングができる技術を身につける。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価。

講師からのコメント

DTM 音楽 プロコース 谷本真一先生

谷本 真一 先生

プロの現場でのレコーディング手法だけではなく、身近な環境でもできるレコーディング技術を身につけてもらいます。

ダンスミュージック制作演習

ダンスミュージック(EDM)制作に必要とされるツール(サンプラ-、ステップシーケンス等)の使用方法を学び、それらを活用しながらダンスミュージック(EDM)の制作方法を解説していく。

後期スケジュール コマ数:6

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 ダンスミュージック曲(EDM)概要解説
代表的なダンスミュージック曲(EDM)を聴き、楽曲を分析する事で実際の制作作業するための理解を深める。

第2回 ダンスミュージックアレンジ①
音作りやアレンジに活用できるVST・MIDIプラグインエフェクトを学びながら、ダンスミュージック曲で使用されている代表的なアレンジ方法を学ぶ。

第3回 ダンスミュージックアレンジ②
ダンスミュージック曲のアレンジ方法を活用して制作を実践していく。

第4回 ダンスミュージック制作実習
卒業制作曲の確認、修正をおこなう。

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

ダンスミュージックの制作をこなしつつ、POPSなど幅広いジャンルのアレンジの制作にも応用できる様に理解を深める。

評価方法

授業への出席数、課題の提出、課題内容評価、卒業制作曲の評価。

講師からのコメント

谷本 真一

谷本 真一 先生

現在のミュージックシーンではダンスミュージックのアレンジ的手法を取り入れた曲が多いので、純粋にダンスミュージックを制作する為だけではなく、そういった応用が利くことを頭に入れて取り組んで下さい。

音楽制作

ボーカルポップス制作演習制作演習

前期で学んだ土台のアレンジに加えてリズム、ブラス、ストリングス、シンセなど、より実践的なアレンジ方法を講義形式で進めていきます。また、授業全体を通じての課題として歌モノのオリジナル曲を制作してもらいます。

後期スケジュール コマ数:6

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  2  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 ドラムの実践的な打ち込み方法
1.ベロシティによる強弱の表現
2.フィルやシンバルによる変化
3.ゴーストノートを取り入れたアレンジ

第2回 ループなどのオーディオ素材を活用したリズム作り
1.ワンショット素材でのリズムアレンジ
2.ループ素材の活用方法
3.オーディオ・打ち込みそれぞれのよさを活かしたリズムアレンジ

第3回 ブラス・ストリングスのアレンジ
1.ブラスアレンジの譜面の分析
2.木管楽器と金管楽器の役割分担
3.メロディを意識したストリングスアレンジ

第4回 シンセのアレンジ
1.シンセの基本構造
2.パターン別アレンジと音作り

第5回 ボーカルのエディットとハモリ作り
1.ピッチとリズムの修正
2.ボリュームのオートメーション
3.コンプやEQでの音作り
4.ピッチ修正を活用したハモリ作り

第6回 課題の添削ならびに修正、仕上げ(実習)
1.課題の添削
2.実習(課題の修正・仕上げ)

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

歌モノの楽曲アレンジに役立つより実践的なテクニックを身につける。

評価方法

出席数と制作課題の内容から相対的に採点します。

講師からのコメント

井尻 希樹 先生

ドラムの実践的なアレンジと打ち込み(フィルやゴーストノートを使ったより実践的な制作実習)から、シンセのアレンジ、ボーカルのエディットとハモ作りなど課題の添削ならびに修正、仕上げを実習形式で進めます

BGM制作演習

BGM用のインストゥルメンタル楽曲の制作と幅広いアレンジ、音響効果を含めた、映像に対応する音楽制作を身につける。〈インスト曲とそのバリエーションをつくる〉

後期スケジュール コマ数:7

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  2  2  2

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 BGMサウンドトラック基礎
・映画・ゲーム・ドラマなどの劇伴・BGM
・ライトモチーフ
〈映像BGMのいろいろの学習・基礎編としてサウンドトラック用のメロディ・モチーフ作り〉
第2回 シーンに対応するBGM・モチーフ制作
・シーン設定
・テーマやライトモチーフのアレンジ拡張
〈シーンの設定とそれに対応した音楽制作実践・モチーフの拡大〉
第3回 インストゥルメンタルメインテーマ
・主題曲の制作 BGMにも派生的に使われるメインテーマ作り
・メインテーマのアレンジ
〈インスト曲のメロディ・コード付け・簡易リズム制作〉
第4回 メインテーマ モチーフと展開
・モチーフと展開をつくる
・ライトモチーフの拡張
〈曲の展開を作って物語を進行させる〉
第5回 いろいろなアレンジ
・メインテーマのアレンジ
・様々なジャンルのアレンジ手法
〈さまざまなジャンルの音楽の分析、メインメロディに適用してアレンジを実践する〉
第6回 音響効果 SE
・効果音・合成音
・環境音・フォーリー
〈シーンのタイミングを合わせた効果音アイデア、実際の制作手法を学ぶ〉
第7回 映像音響・MA
・映像に対応する音楽・音響の編集
・Cubaseを用いたMA手法
〈制作現場で必要なMA作業で、映像作品を仕上げる〉

使用テキスト

オリジナルテキストを毎回の授業で配布します。

習得目標

映像に対応する音楽・音響をつけてまとめ、PR用の映像を制作する。〈卒業制作:トレーラー映像にBGM、SEをつけMA編集して発表する〉

評価方法

各授業の課題提出と授業態度を総合的に判断する

講師からのコメント

西岡 健 先生

映像作品や舞台などさまざまなシーンに合わせたBGM・背景音楽は音楽制作のなかでも、目的に合わせた音楽作りの手法として重要なものです。
シーンに合わせたメロディやモチーフを発展させて、作品の体験の価値を高めるBGMやさらに効果音などを含めた総合的な音響制作を身につけます。
インストゥルメンタルの曲作り・アレンジも身につけ、いろいろなジャンルのアレンジを制作する力も伸ばします。

その他

MIDIオーディオ基礎講座

機材とセッティング、MIDIの仕組み、GMとSMFなど、音楽制作の基礎となる項目について解説します。
MIDIプログラミング演習、ミキシング演習など、今後の授業を理解し楽曲制作のテクニックを修得するために必須の内容です。

前期スケジュール コマ数:8

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
 4  2 2

※秋入学生は10月から4月となります。

授業テーマ

第1回 音楽制作の基礎知識
1.音楽制作プロセス
2.音楽制作ツールとセッティング
3.接続端子とケーブル

第2回 MIDIの仕組み(1)
1.MIDIの基礎知識
2.MIDIデータの基本構成
3.チャンネルボイスメッセージの概要
4.Cubaseのロケーションとゲートタイムの表記

第3回 MIDIの仕組み(2)
1.ノートメッセージ
2.プログラムチェンジ
3.ピッチベンドチェンジ
4.アフタータッチ

第4回 MIDIの仕組み(2)
1.コントロールチェンジ

第5回 MIDIの応用
1.GMとSMF
2.セットアップデータ
3.MIDIデータによる演奏表現

課外 楽器について学習する課題
主要な楽器の種類や構造、音色などについて、Youtube動画を視聴することで学ぶ課題です。
ピアノ・キーボード系、鍵盤打楽器系、オルガン系、ギター系、ベース系、ドラム・パーカッション系、オーケストラ系(弦楽器)、ブラス系、リード系木管楽器、パイプ系木管楽器、民族楽器系の約100種類の楽器について学びます。

使用テキスト

ミュージッククリエイターハンドブック(音楽電子事業協会)
講義内容のポイントをまとめたレジメを配布します。

習得目標

MIDI検定試験3級試験の合格程度のMIDIに関する理解と、MIDI検定2級2次試験合格程度の楽譜入力技術の習得を目指します。

評価方法

筆記試験、MIDI検定2級2次試験練習問題を入力したSMF

講師からのコメント

米谷知己

米谷 知己 先生

この講座では、楽器の演奏情報を数値化するための仕組みであるMIDIについて学びます。MIDIを使って楽器の演奏を数値化する仕組みを知ることが、「かっこいい演奏」「ノリのいい演奏」といった主観的な音楽表現を客観的に分析し再現するための第一歩となります。初めての方にはやや難しい内容ですが、用語なども含めてしっかり習得するようにしてください。

セルフプロデュース講座

卒業後の進路、それに向けた情報収集と自分の売り込み方について。

後期スケジュール コマ数:4

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  1  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回 音楽業界の仕組みと時代による変化
1.アーティストと作家の違い
2.印税収入の仕組み
3.時代による変化と今後について
4.Soundcloudの活用方法

第2回 音楽制作の受注から納品までの流れ
1.音楽制作の様々なモデルケース
2.仕事をする上で必要なもの、必要でないもの
3.売り込みの経験談

第3回 卒業制作課題の添削・オリエンテーション
1.卒業制作課題の添削
2.相談、質問コーナー

使用テキスト

なし

習得目標

音楽ビジネスの時代による変化を学び、今後の活動計画について考えます。

評価方法

オリジナル曲をSoundcloudにアップし、その再生回数やLikeの数で評価します。

講師からのコメント

井尻 希樹

井尻 希樹 先生

専攻科の卒業を前に卒業後の活動計画や音楽との向き合い方を考えましょう。

動画制作演習

BGM制作で作られた楽曲に対して動画を充てる講義です。
編集ソフトの操作方法が主な内容となります。

後期スケジュール コマ数:2

10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
 1  1

※秋入学生は4月から10月となります。

授業テーマ

第1回
Cubaseを使った動画の読み込み・トリミング編集・音声差し替え
第2回
iMovie又はWindowsフォトを用いた字幕編集
ストリーミングサイトへアップロードする際のポイントの予習

使用テキスト

なし

習得目標

動画(MusicVideo)制作における初歩的な編集作業の習得

評価方法

決められた形式に則った卒業制作作品を作れているか

講師からのコメント

竹田 佑介 先生

この演習では皆さんにソフトを操作して頂きながら、進めていく予定です。
今後必要になる機会が多くなるスキルだと思いますので是非マスターしましょう。

PAGETOP