大阪四ツ橋のDTM学校Deeがプロデュースする音楽制作のプロを目指す1年制の専門コース。1年で音楽のプロとして必要な知識とテクニックを学びます。夜間や週末だけの受講も可能で社会人の方も大丈夫。

制作発表会

カリキュラム

制作発表会

カリキュラム

制作発表会

制作発表会とは

専攻科では、学習意欲を高め学習成果を確認する目的で、就学中2回の制作発表会を行います。
1回目は入学から半年目に実施する中間発表、2回目は1年後の卒業時に実施する卒業制作発表です。

中間発表では、前期の授業で習得した音楽制作の基礎力と実践力を、中間発表課題の制作の中で確実に身に付けることを目指しています。
課題内容は作曲とアレンジですが、発表する課題を制作する過程でMIDIプログラミングやミキシングなど他の授業で習得した内容の実践的な復習となり、課題の制作にあたっては担当以外の講師もアドバイスすることになります。

卒業制作では、専攻科の1年間で学んだすべての知識とテクニックをフル活用し、プロとして通用する高いレベルの楽曲の制作を目指します。
各授業で学んだ個々の知識やテクニックをパズルのピースだとすると、パラパラだったピースが発表曲を制作する過程で次々と組み合わされ、プロとして音楽制作するための総合的な実践力が完成します。
卒業制作の楽曲作成に全力を出し切ることで、音楽を作る力が身に付くことになります。

中間発表

中間発表では、作曲演習課題とアレンジ基礎演習課題の2つについて制作します。制作にあたっては、MIDIプログラミング演習、ミキシング演習など他の授業で学習した知識やテクニックも必要となります。

作曲演習 課題

■テーマ : オリジナのメロディー制作とコード付け
■担当講師: 宮武直人
■課題内容: オリジナルメロディーと簡単なコード付けを行った楽曲制作
■目的  : 基本的な楽曲制作の流れを学ぶ

■参考音源

アレンジ基礎演習 課題

■テーマ : 指定された楽曲のアレンジ楽曲作成
■担当講師: 井尻希樹
■課題内容: 指定された楽曲の中から選択した1曲をアレンジし、楽曲を制作します。
■目的  : アレンジ演習で勉強したジャンルごとのアレンジ技術を取り入れながらアレンジ楽曲を制作をし、曲の土台をつくるためのコード、リズムの基礎を学ぶことを目的としています。

■参考音源

卒業制作

卒業制作では、POPS制作演習課題でボーカル曲、ゲーム音楽制作演習課題でBGM曲、ダンスミュージック演習課題でダンス曲、オーケストラ制作演習課題でオーケストラ曲を制作し、さらにセルフプロデュース課題にてデモCD制作を行います。

POPS制作演習 課題

■テーマ : オリジナルボーカル楽曲制作
■担当講師: 井尻希樹
■課題内容: フルコーラスのオリジナルボーカル楽曲を制作します。なお、ボーカルに関してはボーカロイドを使用することもできます。

■参考音源

ゲーム音楽制作演習 課題

■テーマ : シナリオに沿ったBGM制作
■担当講師: 宮武直人
■課題内容: 自分で選択したシナリオ、キャラクターにあったBGMを制作します。
■目的  : 実際の現場の仕事に近いかたちでのBGM制作を経験すること。

■参考音源

35期卒業 兼田智代さんの作品


35期卒業 大平宗史さんの作品

ダンスミュージック演習 課題

■テーマ : ダンスミュージックの制作
■担当  : 谷本真一 先生
■課題内容: ダンスミュージック制作演習で学んだダンスミュージック制作に必要なツールを活用し、90秒のダンスミュージック(EDM)楽曲の制作をします。
■目的  : ダンスミュージックの制作を行うことで楽曲制作に必要なサンプラ-、ステップシーケンス等の使用方法を学び、EDMだけでなく幅広いジャンルのアレンジの制作にも応用できるようにする。

■参考音源

オーケストラ制作演習 課題

■テーマ : オーケストラ楽曲制作
■担当講師: 宮武直人
■課題内容: HALionSymphonicOrchestraを使用し、オーケストラ楽曲を制作します。
■目的  : オーケストラの基礎知識を学び、基本的なオーケストラアレンジを習得することを目的とします。

■参考音源

35期卒業 兼田智代さんの作品


34期卒業 今田千代さんの作品

セルフプロデュース講座 課題

■テーマ : 卒業アルバム制作
■担当  : 宮武直人
■課題内容: アルバムのコンセプトを決め、収録曲の選曲、ジャケット制作まで全て自身でプロデュースしミニアルバムを作成します。※これまでの授業課題で制作したオリジナル曲を含んでもかまいません。
■目的  : オーディションやコンペで提出できる作品をつくり、卒業後すぐに活動できることを目的としています。またこのミニアルバムを制作することでジャケット制作やボーカルの録音など誰かに依頼して作成をするというクライアントの立場での経験もしてもらいます。

先輩の声

山口裕基さん 第29期(2013年度春卒業生)

学んだことや課題は、すぐにやりましょう!今やるか、後でやるかで、成長速度は10倍近く変わります。最初に習慣付けておくと、後が楽です。 毎回の課題をしっかりとこなしていれば中間発表、卒業制作の作品は素晴らしいものに仕上がります。

PAGETOP